カテゴリ:その他( 44 )

小型パワーアンプ 最終回

本編の最終回です。
パワーアンプを設置、作動確認後にナビシステムを元に戻します。
取り外しに関しては、ナビシステムの取付説明書に載っていますが、
復元についての説明はありません。
外した時と逆の手順だから不要! と言われればそれまでですが、
いくつか注意する点がありますので記しています。

元々あったケーブルに加えて、
パワーアンプ接続用のケーブルや端子が加わり
クラスター内は可成りの密度になってしまいます。
c0260804_9332598.jpg


無理やり押し込むと、断線などを引き起こしたり、
ナビシステムの放熱を妨げるなど、故障の原因になりかねません。
隙間から内張りはがし・プラ定規等を使って、丁寧に収納していきます。
c0260804_9375426.jpg


無理なく収納できたところで、作動テストをして結果が良ければ、
ラチェッタを使ってナビシステムをボルト固定します。
c0260804_9422715.jpg


パネルは上部のフックから掛けていきます。
 (左側のフックが画面から切れてます^^;)
c0260804_9451233.jpg


ナビシステム直ぐ横にあるフックをズレないように掛けていきます。
c0260804_9462387.jpg
残ったフックをズレないように差し込みます。

センタークラスター取付完了!
c0260804_9541194.jpg
この後、ナビ用パネル・シフトレバーノブを元に戻して完全終了となります。

GM-D1400Ⅱの感想。
 
 ショボかった「楽ナビ:AVIC-RL09」+「純正スピーカー」
 スピーカーを「ALPINE製STE-G170C」に変えて、まずまずに。
 いい?スピーカーに替えると、今度はパワー不足が・・・
 
 スピーカーのラインに割り込むだけの簡単なパワーアンプですが、
 この価格にして、出力100w×4・その効果は、なかなかのモノでした。

 使用している出力にもよるのでしょうが、
 巷で言われている「発熱問題」については、
 今のところ「少々暖かくなる」くらいで
 熱くなるようなことはありませんでした。
 
[PR]
by JRC6111 | 2017-10-09 09:30 | その他 | Comments(0)

小型パワーアンプ 続き

センタークラスターの取り外し。

センタークラスターについては、ナビシステムの取付説明書に
詳しいイラスト付きで掲載されていますので、省略します。
手元にない資料は、メーカーのHPからダウンロードします。
殆どがフックで止まっているだけなので意外と簡単に外せます。
車両側の結線用カプラー(ハザードランプSW等)の外し方は、
ドアスイッチパネルの時の要領と同じです。
c0260804_11295134.jpg

また、配線についても取付説明書に詳説されていますので、
これを見ながら、確実に配線していきます。
同時にパワーアンプも仮接続します。
※注意すべきところは、最初にマイナスアース線を接続する!これ厳守です。

製品の取付説明書に従って一通りの作業が終わったら
ナビシステムが正常に作動するかチェックします。
パワーアンプについても同様です。

すべて正常であることが確認されたら、パワーアンプを固定。
その後、ナビシステムを元に戻します。

ここで、パワーアンプをどこに固定するかが課題になります(笑)
情報サイトを見ると、施工例の多いのは定番の助手席下の床。
そして、グローブBOXの下にぶら下げて固定・・・。

いろいろと考えましたが、センターパネルの内側にしました。
ここは、フックだけで止めてあるので外すのも容易です。
運転席側・足元のパネルを外します。
 1:手を入れて、ここからバリバリっと外します。
 2:Pブレーキペダル側のフックを外します。
 3:座席側のフックを外します。
c0260804_19354584.jpg
c0260804_19365588.jpg
c0260804_19371729.jpg


開けてみると・・・
空洞が結構広く、パワーアンプの放熱に関しても、
エアコン風(暖房)の問題もあまりなさそうです。

パワーアンプ接続用ケーブル類は、ナビシステムを固定する前に、
エアコンダクト横から下部へ落としておきます。
結構スカスカなので、意外に楽に通り抜けていきます。

降りて来たケーブルをパワーアンプに接続して仮置きし、
余ったケーブルをまとめます。
なお、余ったケーブルはパワーアンプを固定するのにも一役買います。
c0260804_1946569.jpg
c0260804_19471455.jpg

パワーアンプの固定方法は、タッピングでねじ止め、
面ファスナーによるカーペット部への固定など
いろいろな方法がありますが、
 〇パワーアンプ自体にある程度の重量があること。
 〇設置場所がV形の凹みがあり、そのまま動かないこと。
 〇余ったケーブルを使うと左右動も防げること。
 ・・・以上から施工や取り外しが容易な面ファスナーに決定!
c0260804_19523035.jpg

仮置きで決めた位置にセッティングします。
c0260804_19514778.jpg


外した時と逆の手順でパネルを元に戻します。 
 1:座席側:先端の爪を差し込みながらフックを掛けます。
c0260804_19592852.jpg
c0260804_2001250.jpg
 2:Pブレーキペダル側のフックを掛けます。
 3:残ったフックを押し込みます。
   以上で完成です。
[PR]
by JRC6111 | 2017-10-08 20:00 | その他 | Comments(0)

小型パワーアンプ

いろいろと触っていると、
結構のめり込んでしまうのがクルマのDIY。

スピーカーが純正からALPINE製に変わって
音質も以前より随分良くなりましたが、
所詮、カーナビ・・・しかもサイバーではなく楽ナビ。
内装アンプではどうも今一つ物足りない感じがします。

今回のDIYは、パイオニア製GM-D1400Ⅱの設置です。
メーカーのHPや、情報サイト等を見ると、
安いからといって、悪くはないようです。
まぁ、音響効果にはあまり期待はしていませんが、
このような工作することが楽しいのです。
c0260804_0355994.jpg
デジチューナのリモコンと大きさを比較。181×64×38(mm) と、コンパクト。
c0260804_0365215.jpg


コンソール内部から電源も取れて、取り付けも簡単なようです。
汎用ケーブルキットが付属しています。
ただし、AVIC-RL09のような車種専用キットで取り付けてある
ナビシステムには、別売りの取り付けキットが必要!
そのキット(トヨタ車用)が結構なお値段!・・・¥4500前後
なので、今回は付属ケーブルが使えるように改造。
c0260804_0483714.jpg
加工前にオス・メスを間違えないよう簡単な図を書いておきます。
c0260804_0561593.jpg

このように既設のケーブルを途中で切ってギボシ端子を付け、
付属のケーブルを接続可能にし、アンプを経由できるようにしただけです。
c0260804_0505100.jpg

ギボシ端子代 ¥800 で完成。
c0260804_052438.jpg
アンプの取説をもとに電源関係も結線。(スピーカー以外は改造不要)
これでケーブルの準備が整いました。次回は設置編です。
[PR]
by JRC6111 | 2017-10-07 09:30 | その他 | Comments(0)

ZRR80前期型SP交換 リア編 続き

リアスピーカー交換の続きです。
ピンがすべて外れたら、スイッチパネルのカプラーを外します。
要領はフロントドアの時と同様です。

外したドアパネル(左側)です。ピン位置の参考に。
c0260804_1715290.jpg


左側ドアの内側です。
キャリアパッドはスライドドアのストッパー。
これで閉じ込みを防止しています。
c0260804_17155714.jpg


フロントと同様にシンプルな純正スピーカー。
矢印は、ドア側に残ってしまったピンです。

リベットはドリルまたは切れ味の良いニッパーで破壊します。
リアスライドドア内部に残ったリベット先端部をドア内に落としてしまうと
フロントドアの時のように拾うのは困難です。

スピーカーを外した後、内部に残ったリベット先端部にはテープを貼るなど
落下対策をしてから、最終処理をしましょう。
c0260804_1728836.jpg


新スピーカー設置前に、アウター鋼板の内側を軽く叩いて音を確認しながら
防音シート:製品名「オトナシート」を適せんカットして貼り付けていきます。
c0260804_17371466.jpg


スピーカー交換はフロントと同じ要領で行います。
◆スピーカーの背後面に背面制振吸音材を貼り付けます。
◆STE-G170Cの取説に従ってスピーカーを設置。
◆アルミの制振材も適せん貼り付けます。
◆スピーカーの正面フレーム部に防音テープを貼る。
c0260804_1743331.jpg
設置後、スピーカーのテストをして良ければ配線やパネルを元に戻します。
[PR]
by JRC6111 | 2017-10-03 20:15 | その他 | Comments(0)

ZRR80前期型SP交換 リア編

昨日は9月最終のドクターイエロー走行日でしたが、
勤務のい都合で撮影に行けませんでした(泣)

今日は良い天気でしたが、撮影予定もありませんでしたので、
先週フロントドアのスピーカーに引き続き、
リアスライドドアのも交換を行うことにしました。

リアパネルはフロントパネルに比べて、外しにくくコツが要ります
ドアパネル外しには、怪我をしないよう必ず軍手を。またクリアランスが無いので、
勢い余って車両外板を傷つけないよう注意しながら行いましょう。
気になる方は、予め「ぷちぷち」などで車体外板を養生しておきましょう。
・・・あくまでも作業は自己責任でお願いします

先ずは、作業中にドアが不用意に閉まることによる事故対策。
※自動開閉スイッチは必ずOFFにします。
 本来ならバッテリーのマイナス端子を外すべきですが「省略」!
※挟み込みを防ぐために、キャリアパッドと軍手でバリアの設置。
 これで約15cm手前で止まります。
c0260804_14452415.jpg
c0260804_14463561.jpg
THULE製のキャリアパッドをマジックテープで止めるだけ。

ドアノブ横のトルクスネジをT25トルクスレンチで外します。
c0260804_145352100.jpg


上から順に〇に内張りはがしを差し込みドア窓桟内張りを外します。
c0260804_14572163.jpg
下部の爪を折らないように注意して外します。
c0260804_1564126.jpg

冒頭にも書きましたが、
リアパネルはフロントパネルに比べて、外しにくくコツが要ります。
15から30cmくらい残してドアを閉めます。
矢印に示すあたりのドア下部の手が入る箇所から
内張りはがしでバリバリっと外していきます。
ある程度外れてきたら、手を使って外していきます。
c0260804_1594610.jpg
ドアの動きにじゅうぶん注意して作業します。
クリアランスが少ないので、ドアと車体に手や指を挟まないよう注意しましょう。
ドアにピンが残ってしまったら、フロントドアの記事を参考に外してください。

今回はこの辺で つづく ^^/
[PR]
by JRC6111 | 2017-10-01 14:30 | その他 | Comments(0)

ZRR80前期型SP交換 続き

内張りが取れたところで、純正スピーカーを外します。
スピーカーはリベットで止めてありますので、これをドリルで破壊します。
c0260804_17422432.jpg


ALPINE製STE-G170Cとの比較。
徹底した軽量化のためでしょうか?小さなマグネットと樹脂製フレームの純正品。
c0260804_17444159.jpg
c0260804_17453075.jpg
4Ω 20w ベトナム製。

STE-G170Cを設置する前に、プチデッドニングを施します。
ドア鋼板(アウターパネル)内側に、防音シート:製品名「オトナシート」をカッターナイフで
内部の形に合わせてカットし、しっかりと貼り付けていきます。
手で軽く叩くと、「バンバン」と鳴っていたのが重厚な「トントン」に変わります。
c0260804_1756582.jpg


スピーカーの背後面に背面制振吸音材を貼り付けます。
・・・正体はホームセンターで購入したスボンジです(笑)
c0260804_1822619.jpg


そして、STE-G170Cの取説に従ってスピーカーを設置。
アルミの制振材も貼り付けます。
c0260804_1811578.jpg


スピーカーをテストして、今までの逆の手順でドアを元に戻して完成です。
c0260804_18172519.jpg
スピーカー・その他材料で大体¥7000位でした。
お金を掛けて本格的なスピーカーを買ったりデッドニングを施せば、
さらに良い音になるのでしょうが、私的にはコレでも可成りのモノでした。
[PR]
by JRC6111 | 2017-09-25 20:00 | その他 | Comments(0)

ZRR80前期型SP交換

ZRR80前期型・クルマDIY第二弾です!(^^)!

今回はオーディオ関係です。
フロントスピーカをALPINE製STE-G170Cに交換しました。
まずは、ドア内張り(ドアパネル)を外します。
c0260804_160799.jpg
ポイントは矢印のあるところです。
上から、ドアレバー・ドアスイッチパネル・そしてドアパネルとなります。

作業に先立ち、窓枠に傷が付かないように養生します。
c0260804_1634613.jpg
上から順に、ドアレバーのカバーを内張りはがし等で外して、
c0260804_17101885.jpg
中にあるビスを外します。
c0260804_1655521.jpg
次に、ドアスイッチパネルを内張りはがし等でパコっとで外します。
ドアスイッチパネルには、パワーウインド等の配線が接続されていますので、
勢いあまって配線切断!などで壊さないよう丁寧に扱います。

スイッチパネルにつながっているカプラーはロック解除を押しながら外します。
・・・白色カプラの凹んでいるところです。
c0260804_1774895.jpg

スイッチパネルが取れたら矢印に示すビスを外します。
c0260804_1674333.jpg
ここまで終わったら、いよいよドアパネルを外します。

内張りはがし等を使ってバリバリっと外していきます。
1枚目写真の「←マーク」と記された部分から始めると良いようです。
マークの拡大写真です。
c0260804_1715569.jpg
ある程度外れてきたら、手でバリバリっと外していきます。

ドアパネルを持ち上げると、ドアロック用のワイヤがありますので、これを外します。
見れば解ると思いますが、道具も使わずに簡単に外れます。
c0260804_17333478.jpg

これで、内張りが取れました。

もし、内張りピンがドア側に残ってしまったら・・・
内張りはがしのピン用部分を使ってテコの要領で抜きます。
c0260804_17221594.jpg
ピンをパネルに戻します。
c0260804_17245132.jpg
今回はここまで ^^/
[PR]
by JRC6111 | 2017-09-24 15:50 | その他 | Comments(0)

earth music&ecology 2017秋

「幸せについて~線路沿い~」編のTVCF。
広瀬すずさん演じる、線路沿いを散歩する女性。
線路に駆け寄り、スマホで撮影したものとは?
遭遇すると幸せになれる という都市伝説はこんなところにも!(^^)!

YouTube公式ページ

静岡駅で初めて923形に遭遇・慌てて撮影した時のことを思い出すシーンでした。
c0260804_11584932.jpg

[PR]
by JRC6111 | 2017-09-10 12:01 | その他 | Comments(0)

LED Ⅱ

昨日取り付けたLEDAブランドLED・HB3交換用(品番LA01)後レポです。

※あくまでも個人的な感想として見て頂ければ幸いです。

まず取り付けですが、
取説は、A4一枚の簡単なモノです。一応プロショップでの取付を強く推奨
していますが、H4など自動車用電球(バルブ)を交換したことがある方や、
ホーンなどを付け替えたり、電装品を触った経験のる方なら簡単です。

購入時・作業時に注意する点がいろいろあるようです。
メーカー公式HPで確認しましょう。

ZRR80前期型における ロー灯 標準装備のLED 照射時
c0260804_857267.jpg


ZRR80前期型におけるハイ灯+ロー灯 照射時
c0260804_8582424.jpg
4000㏐ 6500K HB3ハロゲンに比べてとても明るく照射範囲も広くなっています。
(・・・取り換え前にハロゲンランプの写真も撮っておくべきでしたね。)

標準装備のロー灯LEDとの色温度が違いすぎるのと、ハロゲンランプの時とハイ/ローの
明るさが逆転してしまい、実際には今までより全体的に明るくなっているのですが、
見た目には足元が暗く感じてしまいます。・・・個人的な感想です ^^
標準装備のLEDランプの色温度に近い仕様(5000K)を追加した後継機も出ているようです。

後は耐久性ですね。こればかりは暫く使ってみないとわかりません。

c0260804_11445661.jpg

[PR]
by JRC6111 | 2017-09-10 09:16 | その他 | Comments(2)

LED

出掛けようと思ったら、クロネコさんがLEDランプを届けに来てくれました。

ZRR80前期型はロー灯はオートレベリング装備LEDランプですが、ハイ灯はHB3ハロゲン。
後期型は、小糸製作所製のBi-Beam LEDヘッドランプ装着で完全LED化されています。
各社から、従来車種交換用LEDが続々と発売されていますね。
今回は「みんカラ」でも評判の良いLEDAというLEDを購入しました。

パッケージ
c0260804_10431741.jpg
4000㏐ 6500K かなり白色が強烈な予感。

LEDは発熱が少ないモノと思っていましたが、
この手のモノはパワーLEDとか言って
結構発熱するそうで、機能低下や劣化を防ぐため冷却機能が必須なんだとか。
そのため、大きなヒートシンクを備えています。
c0260804_104535.jpg


この製品の良いところは、標準装備のハロゲン電球を外して
LEDユニットと交換するだけ!至って簡単です。
ハロゲン60wに対してLEDは25w。果たしてその実力は?夜が楽しみです。
c0260804_1124235.jpg

c0260804_1145147.jpg
作業時間は僅か・・・10分以内で完了(撮影時間も込み・笑)。さぁ、今からお出かけです。
[PR]
by JRC6111 | 2017-09-09 10:30 | その他 | Comments(2)


鉄道を中心とした写真を  楽しんでおります。


by JRC6111

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

小型パワーアンプ 最終回
at 2017-10-09 09:30
小型パワーアンプ 続き
at 2017-10-08 20:00
小型パワーアンプ
at 2017-10-07 09:30
ZRR80前期型SP交換 リ..
at 2017-10-03 20:15
ZRR80前期型SP交換 リア編
at 2017-10-01 14:30

最新のコメント

こんばんは。げっちゅうさ..
by JRC6111 at 21:18
色温度の加減でHi側がか..
by げっちゅう at 17:10
こんばんは。 コメント..
by JRC6111 at 00:04
こんにちは♪ コメ..
by げっちゅう at 12:28
こんばんは。 ついに新..
by JRC6111 at 20:45
こんばんは。 一昔..
by えあらいん at 20:26
こんばんは。MASAさん..
by JRC6111 at 22:19
こんばんは、JRCさん。..
by MASA at 00:19

外部リンク